個人年金について極める

公的年金が破綻の危機というニュースが流れると、そのたびに個人年金の重要性が語られます。個人年金というのは生命保険会社などの金融商品で、要するに現役世代のうちに積み立てていたお金が老後になって支払われるというものです。
これなら公的年金が破綻しても、個人年金があるので大丈夫、という安心感を売りにしているわけです。公的年金に対する信頼が揺らいでいることもあって、国民年金を支払わない一方で、せっせと個人年金を積み立てている人もいるそうです。
そんなに個人年金というのは老後のマネープランとして有効なものなのでしょうか?
結論から言うと、「確かに有効だが、それだけでは不足」ということになります。公的年金が破綻せずに受給できると想定しても個人年金のお金は上乗せになりますし、不幸にも公的年金が破綻したとしたら、個人年金で最低限の生活費を手当てできる可能性があります。
しかし、それだけの受給額を確保しようとするなら、現役世代の頃の払い込み額も相当なものになります。老後のためにやっている個人年金のために現役世代が貧しくなってしまっては意味がありません。
また、個人年金というのは公的年金と違って生涯受給ではないものが多く、まだ健在である時に受給がストップしてしまうことがあります。まさに長生きリスクをもろに受けるわけで、この点は個人年金が持つ大きな弱点だと思います。
以上のことから、個人年金だけで老後のマネープランとするには無理があるので、補助的なものであると認識するのが妥当でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加